オオサカ堂

オオサカ堂の閉鎖の真相とは

オオサカ堂の閉鎖の真相とは

単にホームページが引っ越しをしただけ

オオサカ堂の公式ホームページが突如閉鎖され、一時はネットが騒然となり心配されたユーザーの方が多数いらっしゃいました。
現在は別のURLで通常どおり営業していますので、閉鎖というよりは単にホームページが引っ越しをしただけのようです。
ユーザーの方にはオオサカ堂から、お知らせメールが発信されていますが、何らかの行き違いによって、一部で届かなかったというのが真相のようです。

老舗の個人輸入代行業者

オオサカ堂閉鎖が、大きく取り上げられる背景には、その信用度の高さがあります。
海外には質の高い医薬品がたくさんありますが、実際に購入する際には薬事法や税関の手続きに等に関する知識が必要となりますから、個人で輸入するには非常にハードルが高くなります。
そこで、頼りになるのが専門的な知識を持ったオオサカ堂のような個人輸入代行業者になります。
特に、海外と取引を行う場合には、相互に信頼関係を保つことが大切であり、オオサカ堂のような老舗でなければなし得ないメリットなのです。
それだけにオオサカ堂閉鎖の噂は、多くのユーザーに衝撃を与える結果になってしまったのです。

その秘密は運営会社にある

さて、オオサカ堂は医薬品の個人輸入代行の分野では抜群の実績を誇っていますが、その秘密は運営会社にあります。
実際に運営しているのは、ロイユニオンという香港に本社を置く会社になります。
もちろん、オーナーは中国の方であり、他にも「オランダ屋」「JISA」といった会社で輸入業を行なっています。
香港は、ここ数年でアジア屈指の国際都市であり、経済都市といった側面も持っています。
そのロイユニオンが取引している銀行がHSBCという世界でもトップクラスの銀行ですから、会社としての信用がなければ取引することは到底できません。
さらに、個人輸入業者としては20年以上の実績がありますから、長い年月の中で培ったノウハウも同業他社の追随を許すものではありません。

こういった理由から、オオサカ堂閉鎖の噂は、利用者にとって大きな心配事となってしまったのですが、これだけの大きなバックボーンを持った会社ですから閉鎖の心配はありません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です