未分類

オオサカ堂の閉鎖の真相とは

オオサカ堂にアクセスできない?

オオサカ堂を利用している人なら一度は経験したことがあるかもしれませんが、時折繋がらなくなって閉鎖したのではと思ってしまうこともあるものです。
海外から薬を取り寄せる手続きを代行してくれるサイトであり、インターネットの個人輸入代行業者としては長い歴史を持つだけに、お世話になっている人も多く閉鎖となると困ってしまうことになります。
今でこそ似たようなサイトはたくさんありますが、信頼性はオオサカ堂に勝る業者はありませんし、価格に関しても他サイトは高いこともあってここが使えなくなってしまうと経済的に大きな打撃を受けてしまうという人もいることでしょう。

オオサカ堂がないと死活問題・・・

個人輸入代行業は法律に触れるものではないにしても、取り扱っている商品が医薬品ということもあってなかなか信用のある企業が事業として手を出しづらい部分があるだけに、信用できる業者の存在は非常に重要なものとなります。それだけにオオサカ堂が閉鎖となってしまえば、安心して医薬品を購入することができなくなってしまいますし、他サイトでは替えの効かないものを定期的に購入していた人にとっては死活問題となってしまいます。

それでは時折発生する閉鎖騒動は一体何なのかと言うと、大抵の場合が移転の周知が行き渡っていないために、それを知らない人がパニックになっているのが真相となります。
どのサイトであっても時折サーバーの不調によって接続ができないことはよくある話ですが、ある日突然に全く繋がらなくなり何時までたっても復旧しないとなれば知らない人はサイトが無くなってしまったと思っても無理はありません。実際には移転をしただけですが、オオサカ堂の場合周知の仕方がメールしかないケースが多く、メールをチェックしない人や利用を検討していた人はそれを知る術がないので誤解をしやすいのも原因のひとつです。メールによって移転の知らせが来るということ自体多いものではありませんし、スパムメールやフィッシングメールといったものもあるだけに、そのような案内が来ると怪しい業者がURLを踏ませようとしているのではないかと警戒をしてスルーしてしまうということもあります。

まとめ

このように連絡の不手際によって騒動が起こることが度々起こっているので、オオサカ堂が閉鎖をしたのではと思った時には最初に移転をしていないか確認してみるのが一番です。
メールを受信していなくても、最近であればSNSやブログを通じて情報を集められるのでそのようなものを利用して情報収集するのも良いでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です